top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/スイゼンジノリ
title
pic ・スイゼンジノリは限定された地域(九州地方の湧水からなる清流と、地下水のみ)で育つ日本にしか生息していない非常に珍しい生物(ラン藻)である。
・特定の環境条件(水温、水質(イオン濃度)、水流)が整わなければ決して育つことが出来ない。現在この条件を満たしているのは福岡県・朝倉市の黄金川と熊本市の地下水のみ。
非常に美しい地下水を使いスイゼンジノリは生産量が非常に限られた中、大切に育てられており、決して量産は出来ない希少な生物である。
・ラン藻という生物は地球上に最初に酸素をもたらした原始生物。その中でも食することが出来かつ養殖によって管理されているラン藻は世界でスイゼンジノリだけ。
・美しい日本の水環境、しかも限定された地域でのみ育つスイゼンジノリはまるで「奇跡の生物」。
・美しい水のイメージそのものであるスイゼンジノリは、その希少性だけで無く、これまで江戸時代から続く食文化を支え、カルシウム分、鉄分が 非常に豊富であるため健康食品としても多くの方々の役に立つ食品でもある。これはスイゼンジノリが安全であり、私たちの健康にも大きく貢献出来る生物であ ることを意味している。
・スイゼンジノリは日本の水資源により生み出された「日本の財産」と言える生物である。
スイゼンジノリ
学名:Aphanothece sacrumu
‘Sacrumu‘はオランダの植物学者・シュリンガー
が、スイゼンジノリの生育環境の美しさに感動
して与えた‘聖なる’という意味
title
pic   pic
福岡県朝倉市の「湧き水からなる川」黄金川
で自然の中養殖されるスイゼンジノリ
熊本県で人の飲み水と全く同じ地下水をくみ上げて
完全に人工養殖されるスイゼンジノリ