top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /保湿した時に肌がベタつくのは何故? 原因と改善方法

保湿した時に肌がベタつくのは何故? 原因と改善方法

保湿した時に肌がベタつくのは何故? 原因と改善方法



「保湿をするたびに、肌がベタついて不快…」というお悩みを抱えていませんか?
そんな方は、もしかしたらスキンケア方法が間違っているかもしれません。
間違ったスキンケア例と、ベタつかない保湿テクニックをご紹介します!





肌がベタつく間違ったスキンケアとは

≪1.乳液やクリームをつけすぎている≫
乳液やクリームには油分が含まれているため、適量を守らないとベタつきの原因となります。
また、乳液やクリームだけで保湿しようとすると、油分過多になってベタつきやテカリが発生してしまいます。
過剰な油分が毛穴に詰まると、ニキビができてしまう恐れもあるでしょう。

≪2.インナードライになっている≫
「肌がカサつくから保湿をしているのに、どうしてもベタつく……」という時はインナードライになっている可能性大です。
角質層が水分不足になり、油分だけが過剰になっています。
保湿より保水を重視したスキンケアを心がけましょう。

≪3.汗が肌に残っている≫
汗が残ったままスキンケアをすれば、当然のようにベタつきなどの不快症状が発生します。
また、汗は肌のpH値を乱すため、雑菌が繁殖する原因にもなってしまいます。
汗をかいた時は必ず顔を洗ってから、スキンケアを行いましょう。

ベタつかない保湿テクニック

ベタつかない保湿テクニック


≪1.水分をたっぷり補う≫
インナードライ肌や乾燥肌を改善させるためには、まず肌に水分をたっぷりと補うことが大切です。
そこでおすすめなのが、保水力の高い成分が配合された化粧水です。
保水力の高い成分が配合されている化粧水を、カラカラになった肌にたっぷりと与えてください。

≪2.美容液を使う≫
「乾燥が気になって、ついつい乳液やクリームを使いすぎてしまう……」という人は、美容液を使ってみましょう。
なお、水分の吸い込みが悪い肌には、化粧水前に使う導入美容液(ブースター)がおすすめです。
導入美容液を使うことで化粧水の浸透率をアップさせ、乳液やクリームの使いすぎを防げるでしょう。

≪3.乳液やクリームは手のひらで温めて≫
乳液やクリームが冷えたままだと、肌へのなじみが悪くなります。
手のひらに塗り広げて温めてから、顔を優しくプレスするように塗っていきましょう。
丁寧にハンドプレスすれば、ベタつくことなく肌になじんでいくはずです。

ベタつきを防ぐためには、正しい保湿をすることが大切です。
日頃の丁寧かつ的確なスキンケアで、トラブルのない美肌を目指してくださいね。