top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /スキンケアの「保湿」ってそもそもどうすればいいの?

スキンケアの「保湿」ってそもそもどうすればいいの?

スキンケアの「保湿」ってそもそもどうすればいいの?



スキンケアをするときには、とにかく「保湿が大切」といわれますよね。
でも、そもそも保湿というのはどのようにすればいいものなのでしょうか?

乾燥はお肌の大敵!

人の体のほとんどは水分でできています。
一般的に、子供の頃は体の約75%が水分といわれます。

しかし、紫外線や乾燥などの外部刺激や加齢によって、お肌の水分量はだんだん減ってしまうのです。
75%あった水分量は、成人すると60%、歳を重ねると50%程度になってしまうのだそう。
潤いが失われることによって、お肌は乾燥してしまい、余分な皮脂が浮くようになってしまいます。

するとお肌からは次第にハリツヤが失われ、シワや肌荒れが起こってしまうのです。

スキンケアにおける「保湿」とは?


スキンケアでいう保湿とは、皮膚の乾燥を防いで潤いを保つこと。
人のお肌は水分量をコントロールして乾燥から身を守るために、皮脂に覆われています。
しかし、外部からの刺激などで肌がダメージを負い乾燥してしまうと、お肌は身を守ろうとして過剰に皮脂を分泌してしまいます。

つまり、皮脂の浮きやすいオイリー肌というのは、実は乾燥しているお肌なのです。
お肌の水分量のバランスが崩れて皮脂が浮いてしまうと、ニキビができたりハリツヤが失われたりという肌トラブルが起こってしまいます。
こういったお肌のトラブルを防ぐためには、丁寧に保湿ケアをすることがとても大切です。

効果的な保湿の方法とは

効果的な保湿の方法とは


水を飲まなければのどが渇いてしまうのと同じで、お肌も一度乾いてしまうとうまく機能しなくなってしまいます。
お肌から水分が失われてしまわないようにするには、潤いを与えてあげることがとても大切です。

皮膚の水分量を一定に保つことによって、お肌のコンディションを安定させてあげることが大事なのです。
化粧水や美容液、クリームなどを使って、きちんとお肌に水分補給をしてあげましょう。
化粧水でお肌に水分を補給し、美容液やクリーム、美容オイルなどでお肌にフタをして、水分の蒸発を防ぐようにします。
こういった順序でお肌に水分を与えれば、効果的に乾燥から身を守ることができるのです

保湿をキープして美肌を目指す!


保湿というのは単にお肌に水分を与えるだけでなく、補った水分をお肌にキープしてあげることでもあります。
ただ化粧水をバシャバシャかけるだけではなく、クリームなどを使って丁寧に保湿をしましょう。
お肌に一定の水分量を保つことで、トラブル知らずの美肌を手に入れることができますよ!