top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /皮脂が分泌されるのを恐れて、保湿ケアをしないのはNG!

皮脂が分泌されるのを恐れて、保湿ケアをしないのはNG!

皮脂が分泌されるのを恐れて、保湿ケアをしないのはNG!



脂性肌の人のなかには、皮脂の過剰な分泌を恐れて乳液やクリームでの保湿ケアをしない方もいます。

しかし脂性肌だからこそ、保湿ケアをしっかりする必要があることをご存知ですか?
なぜ脂性肌の方に保湿ケアが重要なのかをご紹介します。




脂性肌にも乳液は必要?

脂性肌は、「本当の脂性肌」と「ニセモノの脂性肌」の2つに分けられます。
遺伝的なものや思春期のホルモンバランスの乱れ、またはストレスなどが原因で顔がベタついたりテカったりする場合は、「本当の脂性肌」と言っていいでしょう。

しかしこれらに心当たりがなく、バリア機能が低下したり肌の乾燥が進んだ時にべたつくという場合は、「ニセモノの脂性肌」と考えられます。
この場合は肌の乾燥が原因で、肌の水分の蒸発を防ぐために皮脂を過剰に分泌してしまうことが原因です。

本当の脂性肌の場合は、化粧水もさっぱりタイプを使い、乳液は特に必要ありません。
一方で乾燥からくる脂性肌の場合は、化粧水はしっとりタイプを使い、乳液も保湿効果の高いものを選ぶといいでしょう。

乾燥からくる脂性肌はしっかり保湿を

乾燥からくる脂性肌はしっかり保湿を


上でも触れましたが「脂性だと思っていたのに実は乾燥肌だった」ということは珍しいことではありません。

脂性肌と実感している方の多くは、乾燥することで皮脂の分泌が増えていることに気づいていないだけです。
これを知らないで、脂性肌と同じケアを続けていては皮脂の分泌がさらに盛んになってしまうだけです。
化粧水も乳液もしっかりとつけて、特に乾燥が気になる季節は保湿効果の高い美容液やクリームもプラスすると良いでしょう。

また、洗顔してそんなに時間が経っていないのに、テカリが気になるようならインナードライの可能性もあります。
化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取り、もう一度乳液で蓋をしましょう。

このように自分に合ったスキンケアを行うことが大切です。

「頬やあごは乾燥する」方は

「Tゾーンはテカリが気になる」
「メイク崩れがひどい」
けれど、「頬やあごはカサカサしている」という人も多いと思います。

これはUゾーンが乾燥することで、皮脂腺の多いTゾーンに集中して皮脂が分泌されてしまうことが考えられます。
テカリが気になる部分が乾燥しているわけではなく、ほかの部分が乾燥しているため、皮脂腺の多いところから皮脂を出して保護しよう、と体が働いてしまうのです。

そのため、乾燥が気になるところを集中的に保湿してあげることで、Tゾーンのテカリが改善されることも多いです。
頬やあごを中心に保湿し、テカリが気になるTゾーンはうっすらと乳液を塗る程度でも充分でしょう。

ニキビが気になる人は……

ニキビができてしまう原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。
ニキビが気になるときは、脂性肌に偏りがちです。

そのため、乾燥が気になる目の周りや口の周りは丁寧にスキンケアをして、ニキビができているところは毛穴の詰まりを防ぐためにも、乳液をつけないようしましょう。
洗いすぎることはニキビ肌にとって負担になりますので過剰な洗顔を避け、丁寧な洗顔をしたら化粧水で保湿しましょう。

皮脂が過剰に分泌している、という理由だけで脂性肌ケアをしてしまうとより皮脂の分泌を過剰にしてしまう恐れがあります。
どちらの脂性肌かを判断し、適切なスキンケアをしてください!