top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /美肌に貢献?意外と知られていないダイコンの美容効果

美肌に貢献?意外と知られていないダイコンの美容効果

美肌に貢献?意外と知られていないダイコンの美容効果




私たちが普段何気なく食べているダイコン。
実は、ダイコンには美容効果が含まれているのです。

今回は、ダイコンが与えてくれる美容効果からオススメレシピをご紹介していきます。




ダイコンの嬉しい健康効果とは?

ダイコンは体に良く、美容効果の高い食べ物といわれているのです。

ダイコンには、炭水化物を分解してくれる酵素であるアミラーゼがたっぷり含まれています。
またタンパク質を分解してくれるプロテアーゼ、脂肪を分解してくれるリパーゼなどの消化酵素も多く含みます。
そのため、体内から余分な塩分を排出してくれるのです。

さらに、ダイコンは食物繊維やカリウム、ビタミンCなども豊富に含んでいるので、便秘やむくみを改善し、ニキビなどの肌荒れを防止して美肌にしてくれるという嬉しい効果があるのです。

ダイコンの辛味成分には美容効果が!


ダイコンサラダやダイコンおろしなどを食べると、辛味を感じることがありますよね。
この辛味成分は、イソチオシアネートと呼ばれていて、消化液の分泌を促進して、代謝を高めてくれる嬉しい効果があります。
さらに、血液をサラサラにしてくれる効果や、肌をキレイにしてくれる抗酸化作用効果もあるのです。

つまり、継続してダイコンを食べるようにすることで、痩せやすく健康的な、美しい体を作ることができるというわけです。

ダイコンの美容効果を引き出す食べ方とは?

ダイコンの美容効果を引き出す食べ方とは?


ダイコンに含まれる酵素は、48℃〜53℃で壊れてしまう性質があります。
つまり、煮物など熱を通す調理法では、ダイコンの健康効果が失われてしまうということになるのです。
また、辛味成分イソチオシアネートは、ダイコンを切ったりすりおろしたりすることで初めて生まれます。
つまり、ダイコンの美容効果を最大限に得たい場合は、生で食べるのがオススメですよ。
また、ダイコンの栄養分は皮やそのまわりに多く含まれますので、ダイコンおろしは皮ごとおろすと良いです。

イソチオシアネートは時間が経つほど分解されていく性質があるので、すりおろしたら早めに食べるように心がけましょう。

ダイコンをたっぷり食べるレシピ


ダイコンをたっぷり食べることができるメニューに「なめこおろし」があります。
軽く塩茹でしたナメコとダイコンおろしを和えて、ポン酢を掛けるだけの簡単なメニューです。

また、茹でたオクラやシラス、さばの水煮缶、もずくなどと和えるのも美味しいですよ。
他には、豚肉の冷しゃぶにダイコンおろしをたっぷりかけて食べたり、ダイコンの葉を細かく刻んでゴマ油で炒め、酒、みりん、醤油で味付けすればご飯によく合うおかずにもなります。

このようにダイコンを余すところなくしっかり使って、簡単に美味しく食べることができます。
ご紹介したことを参考に、ダイコンから美容効果を得てみてはいかがでしょうか。