top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /夏の肌の赤みを解消する方法

夏の肌の赤みを解消する方法

夏の肌の赤みを解消する方法




赤ら顔と言えば寒い冬に起こりやすいイメージですが、紫外線や乾燥によって肌がダメージを受けやすい夏にも、赤みが出てしまうという方は少なくありません。
肌の赤みの原因と改善方法をお伝えします。




「肌の薄さ」が赤みの原因に!

夏に顔が赤らんでしまいやすいという人は、肌が薄くなってしまっている場合が多いです。

肌が薄くなる原因として考えられるのは、洗顔や肌ケアの際に力を入れすぎてしまうこと。
また、肌質によってはピーリング剤でのお手入れで必要な角質層まで剥がれてしまうことも。
刺激の強い化粧品を使い続けることによって肌が薄くなってしまうこともあります。

なんらかの原因で肌が薄くなっているということは、角質がダメージを受けているということ。
角質層が削れたことにより、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまっているのです。

また、薄い肌は免疫力も落ちてしまっているので、炎症を引き起こしやすくなります。
薄くなって刺激を受けやすい状態の肌では、「炎症憎悪たんぱく質」というものが多く作られます。

すると「サイトカイン」と呼ばれる物質が増加し、これによって炎症が起こるのです。
炎症が起こるのは、肌を刺激から守る免疫反応です。
つまり炎症とは、これ以上の刺激に肌がさらされないようにと発せられたサインです。

肌の炎症を起こさないために

肌の炎症を起こさないために


肌が一度炎症を起こしてしまえば、回復には時間がかかるもの。
できるだけ肌がトラブルを起こさないように、皮膚の状態を改善していきましょう。

角質層が薄くなったり乾燥したりすることを防ぎ、お肌を健康に保つことが肌トラブルから身を守る最善の方法です。

肌トラブルが起きやすいという人は、お肌のお手入れには敏感肌用のものを使いましょう。
洗顔をするときにはしっかりと泡立て、こすらないようにやさしく洗います。
洗顔の後にはたっぷりのクリームや乳液などを使って保湿をしましょう。

肌を守る生活習慣とは?


普段からの紫外線対策や乾燥対策も大切です。
長袖や帽子、日焼け止めなどを活用し、できるだけ日焼けを防ぎましょう。
可能であれば、外出の用事を紫外線量が少なく涼しい午前中や日没後にするという方法もあります。

紫外線をたっぷり浴びてしまった場合は、放置せずケアするようにしましょう。
しっかりと冷やすことや、保湿をすることがとても大切です。

また、三食整った食事をして、肌に栄養を行き渡らせることも重要。
特に、血管を保護してくれるビタミンCや、お肌に良いイソフラボンをたっぷり含む大豆製品をしっかり摂ることが、お肌を守ることにつながります。