top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /老けに差が出る? 紫外線による光老化とは

老けに差が出る? 紫外線による光老化とは

老けに差が出る? 紫外線による光老化とは



お肌の老化は加齢が原因だと思われがちです。

しかし、皮膚の老化の最も大きな原因は、紫外線による「光老化」なのだということが近年の研究でわかってきました。
万全の紫外線対策をして、肌の老化を防ぎましょう。



紫外線が肌を老化させる!「光老化」とは

光老化とは、紫外線によるお肌の老化のこと。
紫外線は、たった数分間浴びるだけでも肌にダメージを与えます。
地上に届く紫外線には、A波(UV-A)とB波(UV-B)がありますが、光老化を引き起こすのは主に紫外線A波。
紫外線A波はメラノサイトを活性化させ、日焼けを引き起こします。
そして、紫外線A波は肌の奥まで届いて深刻な肌ダメージをもたらすのです。

肌の真皮まで到達した紫外線A波は、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。
そのため、紫外線A波を多く浴びると、お肌が厚くなり、ゴワゴワしてシワが刻まれてしまうのです。
また、肌のハリや潤いが失われ、くすみやシミもできやすくなります。

光老化を防ぐためのポイント

光老化を防ぐためのポイント



光老化を防ぐには、特に紫外線A波をブロックすることが重要です。
そこで注目したいのが、日焼け止めに表示される「PA」値です。

これは、紫外線A波の防止効果を表す指標で、PA+からPA++++まで4段階に分けられています。
紫外線A波対策は、1年を通じて、屋内でも行うのが大切ですが、特に紫外線量が増える夏場や、日差しをたくさん浴びる日には+の多いものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めを塗る前にしっかりと保湿をすれば、肌のバリア機能を高めることができます。
外出するときは、帽子や上着、手袋、日傘などを身につけて紫外線から肌を守りましょう。

足元も、ストッキングを身につけるだけで、紫外線の影響は素足の場合の半分程度になります。
紫外線の量は夏場の正午に最も増えるので、この時間には十分に対策をするか外出を控えたいですね。

部屋にいる時も対策が必要


紫外線A波は波長が長く、ガラスや薄いカーテンを透過し、部屋の中にも入り込んでくるという性質を持ちます。
日の当たらない室内でも、紫外線は空気中に反射や散乱をして入り込んでいるのです。
また、くもりの日や雨の日でも雲をすり抜けて一年中降り注いでいます。

だから、晴天の屋外だけでなく、悪天候の日や部屋にいる時にも紫外線対策が必要なのです。
朝起きたら、室内にいても日焼け止めを塗るという習慣が、光老化を防ぐポイントです。
また、遮光カーテンや窓に貼るタイプのUVカットフィルムなどを使えば、屋内にいるときの紫外線対策になります。

光老化からお肌を守るためには、紫外線対策を万全にすることが重要です。
紫外線の強い時間に極力日に当たらないようにするのはもちろんのこと、室内にいるときや天気の悪い日にも気を抜かずに対策しましょう。