top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /老け顔・疲れ顔の原因「目の下のたるみ」はなぜ起こる?

老け顔・疲れ顔の原因「目の下のたるみ」はなぜ起こる?

老け顔・疲れ顔の原因「目の下のたるみ」はなぜ起こる?



目の下のたるみが気になっているという方はいませんか?
たるみによって目の下に影ができてしまうと、老けてみえたり疲れた印象になってしまったりするもの。

どうして目の下にたるみができてしまうのでしょうか。
その原因と対処法をお伝えします。

目の下のたるみはどうして起こる?

目の周りは、目を保護するための脂肪で覆われています。
この脂肪は目の周りの筋肉に支えられているのですが、年齢を重ねるにつれ筋肉が衰えてくると、支えきれなくなって皮膚が下がってきてしまうのです。

もちろん、他の部分のたるみと同様に、加齢によりコラーゲンが減少して肌のハリが失われることも目の下のたるみの原因の一つです。

また、顔のむくみが原因になるケースも。
むくみを繰り返すと皮膚が伸びてたるみやすくなってしまうのです。

目の下をたるませるNG習慣

目の下をたるませるNG習慣


加齢が目の下のたるみの大きな原因になるのは事実ですが、日常生活のちょっとしたクセや習慣が目の下のたるみを加速させることもあります。
以下のような習慣は避けるように意識しましょう。

・目をこする
目がかゆい時など、手でごしごしこすっていませんか?
これは目の周りの皮膚や筋肉を伸ばしてしまう原因に。
アイメイクをする時やクレンジングの時にもこすらないよう気をつけて!

・スマホやパソコンの画面を長時間見続ける
近くのものを見続けると、目の周りの筋肉が疲れて衰えやすくなってしまいます。
小まめに休憩を挟んで、遠くをぼんやりと見ることを意識しましょう。

・目を細める
目を細めたり顔をしかめたりといった表情のクセも、たるみの原因に。
遠くのものが見づらい時に目を細めるクセがある方も要注意です。
自分に合ったメガネやコンタクトレンズで視力矯正するのがおすすめです。

目の下のたるみを改善するエクササイズ


気になる目の下のたるみを改善するには、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えるエクササイズが効果的です。

@中指を目頭、人差し指を目尻にあてて軽く押さえます。シワが寄らないように鏡で確認しながら行いましょう。

A指で目頭と目尻を押さえたまま、天井を見るイメージで目線を上に向けます。

Bそのまま、目を細めるイメージで下まぶたを持ち上げます。下まぶたに力が入っていることを指で感じながら行いましょう。

C下まぶたに力を入れる動きを5回ほど繰り返します。

このエクササイズを1日2〜3回行いましょう。
続けていくうちに目の下のたるみが目立たなくなってくるはずですよ。