top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /日焼けしやすい!? 乾燥肌のための日焼け止めの選び

日焼けしやすい!? 乾燥肌のための日焼け止めの選び

日焼けしやすい!? 乾燥肌のための日焼け止めの選び




冬のようにカサついたりすることは少なくても、エアコンなどの影響で夏のお肌も意外と乾燥しやすいものです。
冬に肌がカサつきやすい乾燥肌タイプの方は、夏の乾燥にも注意が必要です。

そして夏の乾燥肌は、紫外線対策にも人一倍注意が必要です。
乾燥肌は紫外線にとても弱い状態なんです!

乾燥肌は日焼けしやすい!


肌のバリア機能とは、肌の表面にある角質層の保水力により、外的刺激によるダメージから肌を守る機能のことです。

乾燥肌は、角質細胞の隙間に十分な水分が保持できなくなった状態。
つまり、肌のバリア機能が低下しているのです。
バリア機能が低下すると、紫外線によるダメージも受けやすくなってしまいます。
このため、乾燥肌は日焼けしやすいのです。

乾燥肌には日焼けが長く残りやすい

乾燥肌には日焼けが長く残りやすい



紫外線を浴びることで肌に作られたメラニン色素は、本来なら肌細胞の生まれ変わりとともに自然と垢となってはがれ落ちていくものです。

しかし乾燥肌はターンオーバーがスムーズに行われにくくなっています。
メラニンが肌に残り続けて、日焼けした肌の色が元の白い肌になかなか戻らないのです。

日焼けした肌がもとに戻らないと、「色黒な人」というイメージになってしまいますよね。
さらに、日焼けの後のシミなどもできやすくなってしまいます。

肌を乾燥させる日焼け止めは避けて!


乾燥肌の方は普段から肌の保湿を心がけるとともに、しっかり日焼け止めを塗るって紫外線対策することが大切です。
しかし、市販の日焼け止めが肌を乾燥させる原因になる場合もあります。

日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されており、これによって紫外線を吸収して放出させたり反射させて日焼けを防いでいます。
しかし、これらの成分にはお肌への負担が大きいものもあります。
中には、肌表面の水分を奪って乾燥をより進行させてしまうものも……。

日焼け止めを選ぶ時は、配合成分をよく確認したいですね。
実際に使ってみた時、肌に刺激を感じるものは避けましょう。

乾燥肌に向いている日焼け止めは?

乾燥肌は日焼けしやすい!


乾燥肌の方には、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などと表示された日焼け止めが肌への刺激が少なくおすすめです。
また、保湿成分が配合された日焼け止めも良いですね。

テクスチャーとしてはジェルタイプやクリームタイプのものが乾燥したお肌に優しいと言えます。
お湯だけで落とせるクレンジング不要な日焼け止めならアフターケアも優しく行うことができて良いですね。

日焼け止めを塗る前のお肌のお手入れも大切です。
しっかり化粧水で保湿して肌の乾燥を防ぎ、乳液でフタをして肌にうるおいを補います。
きちんと保湿した上で日焼け止めを塗るようにしましょう。
乾燥した肌に直接日焼け止めを塗るのはタブーですよ。

また、こまめな塗り直しを行うことと、日傘と帽子なども合わせて使って紫外線を予防することも忘れずに。