top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /夏になりやすい「インナードライ」と正しいスキンケア

夏になりやすい「インナードライ」と正しいスキンケア



「夏になって、なぜか肌トラブルが多い……」
そんなあなたは「インナードライ」になっているかもしれません。
インナードライは夏のお肌に起こりやすいちょっと厄介な状態です。

インナードライとは?

インナードライとは?


インナードライ肌とは、肌表面は皮脂でテカテカなのにお肌内部の水分量が少なく、内側が乾いている状態です。

汗や皮脂で一見うるおっているように見える夏の肌は、紫外線やエアコンの冷風などの影響で、実は内側が乾燥していることが多いものです。

でも、夏は皮脂浮きやテカリが気になって、あぶらとり紙で皮脂を取ったり、何度も洗顔してしまいがち。
この過剰なケアがさらにインナードライを進行させてしまうのです。


皮脂はもともと、肌の水分を守るために分泌されるもの。
乾燥しているから皮脂を分泌させて守ろうとしているのに、それをせっせと取ってしまうと、ますます皮脂の分泌が活発になってしまいます。

夏の肌はこうして、内側は乾燥しているのに肌の表面は皮脂が過剰なインナードライの状態に傾いていってしまうのです。

インナードライが引き起こすトラブルとは?

インナードライが引き起こすトラブルとは?

夏のインナードライ肌は、以下のようなトラブルを引き起こしてしまいます。

・化粧水や乳液が浸透しにくくなる
・毛穴が開いたり詰まったりしやすくなる
・ニキビができやすくなる
・肌が硬くごわついてしまう
・テカっているのにお肌がつっぱる

これらの症状はお肌内部の水分が蒸発してスカスカの状態になり、外部刺激から肌を守るバリア機能が働かないために起こります。

正しいインナードライケア方法

正しいインナードライケア方法


インナードライ肌は正しいケアをすることで改善されますので、お肌の状態が気になる方はケア方法を見直しましょう。

インナードライをケアするポイントは、肌のターンオーバーを正常にし角質層を整えることです。
角質層が十分に潤えば、肌のバリア機能も整って美しいお肌が戻ってきます。
そしてお肌が常にうるおう状態になると、余分な皮脂分泌もなくなってきます。

・洗顔は優しく
クレンジング剤や洗顔料は化学合成の界面活性剤が配合されているものを避け、低刺激のものを選びましょう。
洗顔は泡洗顔を心がけ、一日に何度も洗うのはやめましょう。

・あぶらとり紙を使わない
あぶらとり紙は吸収が良く皮脂を取り過ぎてしまいます。
脂浮きが気になる場合は、ティッシュで軽く押さえる程度にしましょう。

・しっかりと保湿する
まずは化粧水でお肌にしっかり水分を与え、次に乳液やクリームで油分を補うことが重要です。
クリームなどの油分はお肌表面に皮脂膜を作り、水分蒸発を防いでくれます。
水分が保持されるとお肌が柔らかくモチモチとしていい状態を保つことができます。

またインナードライのお肌はダメージを受けている状態ですので、刺激の強い化粧品は避け、お肌に優しい成分が配合された化粧品を選びましょう。
植物由来やオーガニックの化粧品などは刺激が弱いので、ダメージを受けたインナードライのお肌に最適です。

・紫外線対策を怠らない
せっかくお肌をケアし始めても、紫外線を浴びてしまえばすべてが台なしになります。
紫外線はお肌の表面を痛め、お肌の内部からは水分を奪います。
毎日必ず日焼け止めを塗り、日傘や帽子で紫外線を防ぐようにしましょう。

インナードライは夏のお肌の大敵です。
正しいケアを行って、美しいお肌で楽しい夏を過ごしましょう。