top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /油断大敵! ほうれい線の原因になる5つのNG習慣とは?

油断大敵! ほうれい線の原因になる5つのNG習慣とは?

油断大敵! ほうれい線の原因になる5つのNG習慣とは?




口の周りにできてしまうほうれい線。ほうれい線があると老け込んで見えるので、できれば防ぎたいもの。
ほうれい線ができてしまう原因が普段の生活習慣にあることをご存知ですか?




横向きで寝ることが多い

横向きで寝ることが多い



寝るときの癖で、ついつい横向きになって寝ることが多いという人は注意が必要です。
横向き寝をすると、頬の肉が片側に垂れてしまった状態を何時間もキープすることになります。

この姿勢を毎日キープし続けることによって、表情が歪んでしまうのです。
ほうれい線防止のため、寝るときの体の向きに気を配ってみましょう。

仰向けに寝る、寝返りをうつようにするなど、寝るときの姿勢を意識することで、ほうれい線を防止するようにしましょう。

猫背になることが多い

ほうれい線ができてしまう原因のひとつには、姿勢の悪さがあります。
ずっと背中を丸めた状態で過ごしていると、筋肉の働きが悪くなってしまうのです。

顔を前に突き出すような姿勢を続けることで、皮膚や筋肉が不自然に引っ張られて歪んでしまうのです。
そのため、猫背になることが多い人は顔がたるみやすくなってしまいます。

また、猫背は食べ物の消化がうまくいかず、血液の巡りも悪くしてしまうなど、体のことを考えると良くない姿勢です。
意識して背筋を伸ばすことが美への近道といえるでしょう。

頬杖をつくことが多い

頬杖をつくことが多い



癖で頬杖をついてしまうという人は少なくありません。
しかし、頬杖をついている状態は、顔の皮膚を不自然に伸ばすような姿勢です。
これを頻繁に続けると、皮膚が歪んでしまいます。

特に、右か左、どちらかだけ頬杖をつく習慣がある場合、片側の頬だけがたるむ原因になってしまいます。
口まわりのたるみ防止のために、頬杖習慣はできれば意識して止めるほうが良いでしょう。



食べ物を片方の歯だけで噛むことが多い

食べ物の食べ方で、表情まで変わってくるって知っていましたか?
右か左、どちらかの歯だけで噛む習慣がある人は要注意。
顔の左右の筋肉を使う頻度が違うと、顔のバランスが歪んでほうれい線の原因になってしまうのです。

食事の時は左右の歯をバランスよく使い、よく噛んで食べることが大切。
しっかりものを噛んで食べれば、顔のたるみ防止だけでなく、消化が良くなり肌がキレイになるという嬉しい効果もあります。

紫外線を浴びやすい

紫外線を浴びると肌は老化しやすいもの。
日焼けは肌からハリ弾力を奪ってしまうので、シミやシワ、たるみができやすい肌になるのです。
つまり、紫外線対策をせず日焼けをするのは、ほうれい線の原因にもつながるということ。

紫外線対策をきちんと行い、スキンケアをするようにしましょう。
肌トラブルを防止するためには、肌の刺激とならない肌に優しいスキンケア用品を使うのがオススメです。

ほうれい線の原因は、普段のなにげない習慣や油断。
生活習慣やスキンケアをしっかりと意識して、ほうれい線を予防しましょう。