top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /乾燥肌や敏感肌にお悩みの方へ 知っておきたい【くすみ対策】

乾燥肌や敏感肌にお悩みの方へ 知っておきたい【くすみ対策】

乾燥肌や敏感肌にお悩みの方へ 知っておきたい【くすみ対策】



「20代の頃はキチンと肌のお手入れなんてしなくても肌も白くてキレイだったのに…」
と30代〜40代になって肌のくすみを嘆いてしまう女性は多いものです。

しかし「くすみ」の原因は加齢だけではなく、乾燥紫外線血行不良糖化など様々です。
今回は、特に乾燥肌や敏感肌でお悩みの方のためのくすみ対策についてご紹介していきます。



乾燥肌・敏感肌とは?


皮脂や水分量の少ない乾燥肌は、水分が不足しているために肌のバリア機能が弱まり、外からの刺激(花粉や埃・紫外線など)に対して抵抗力が弱まっている状態です。

この乾燥肌の状態を長く続けてしまうと、化粧水がしみる・髪や服などが触れただけでも痒みを感じる・風が吹くだけでもヒリヒリした痛みが出るなどの敏感肌になってしまいます。

原因はアレルギーや体調不良・睡眠不足による肌の抵抗力の低下、クレンジングや洗顔での強すぎる刺激・紫外線ダメージ・化粧品が合わないなど様々な要因があります。
もしこのような理由から乾燥肌や敏感肌になってしまった時は、日ごろのケアで注意したいことがあります。
それは「刺激をなるべく与えない」「保湿ケアをしっかり行う」ことです。

また生活習慣の乱れや腸内環境の乱れにより乾燥肌や敏感肌に陥っている場合もあるので、 睡眠時間食生活を見直してみることも大切です。

くすみの種類と対策法

くすみの種類と対策法

■紫外線ダメージによるメラニンくすみ

紫外線ダメージによって、くすみが引き起こされます。
しっかりとしたUVケアを取り入れたいですが、紫外線吸収剤入りの日焼け止めは、敏感肌には刺激が大きいためあまりオススメできません。

オススメなのは、パウダーファンデーションや化粧下地などに使われている紫外線散乱剤を使用したもの。

また、つばの広い帽子日傘を使用するのも肌に負担がかからない方法なので、敏感肌の方には特に取り入れていただきたい効果的なUVケアです。

7センチ以上のつばのある帽子は、無着用時と比べ60%程度の紫外線がカットできるとも言われています。



くすみの種類と対策法

■乾燥によるくすみ

乾燥したお肌は硬くなっているため、くすんで見えてしまいます。
その時、重要になってくるのが保湿ケア

セラミドやコラーゲンなどの元々皮膚にある保湿成分が配合された化粧水・美容液などを利用し、必要に応じてクリームで油分を補いしっかりケアを行いましょう。

また洗顔やクレンジングにより乾燥が引き起こされている場合もあるため、洗浄力が優しいミルクタイプのクレンジング剤を選ぶ、手が皮膚に直接触れないよう洗顔料や石鹸をしっかり泡立てやさしく泡で洗うように心がけるのも大切なポイントです。

乾燥肌や敏感肌のお手入れは大変気を使うものですが、正しいケアを続けていくことが大切です。
諦めないで毎日のケアを心がけつつ、生活習慣や食生活などを見直して透明感のある肌を手に入れましょう!