top
home コンセプト サクランについて 商品一覧 ショッピング QA 会社概要 お問い合わせ お問い合わせ
HOME/サクラム美容ラボ /化粧品の基礎中の基礎「防腐剤」って気にするべき?

化粧品の基礎中の基礎「防腐剤」って気にするべき?

化粧品の基礎中の基礎「防腐剤」って気にするべき?



女性のキレイをつくる化粧品は、使い続けていると酸化しやすく菌が繁殖しやすいもの。
それらを防ぐために多くの化粧品には「防腐剤」が使用されています。

ただ、この防腐剤の種類によっては肌に悪影響を与える可能性もあるのです。
今回は化粧品の基礎知識として防腐剤につてご紹介します。



防腐剤の働きとは


最近は悪いイメージも強い防腐剤ですが、実はとても大切なもの。
特に水分・油分・グリセリン・アミノ酸誘導体・糖類などが入っている化粧品は微生物のエサになりやすく、細菌やカビが繁殖しやすいという特徴があります。

カビの中には強い毒を出すものも存在しますし、アイメイク製品などは目の粘膜に触れるため微生物が繁殖してしまうと「病原性細菌」などに感染してしまうリスクも。
化粧品を常温で保存し、安全に使うために「防腐剤」は実は強い味方でもあるわけです。

一般的な防腐剤

化粧品の基礎中の基礎「防腐剤」って気にするべき?


現在主に使われている防腐剤は、石油から抽出された「パラベン」という成分。
メチルパラベン・プロピルパラベン・グチルパラベンなどがあり、後者のものほど強い抗菌作用があります。

数種類を組み合わせて使用することで、幅広い微生物の繁殖をほぼ抑えたりすることが
できます。

この防腐剤は化粧品に限らず食品・飲料水・医薬品などにも使用されている成分でもあります。
化粧品に含まれるパラベンはごく微量ではありますが、石油由来ということもあり安全性が
はっきりしないという声
も。


そこで、最近ではパラベンに変わりフェノキシエタノール・1-3ブチレングリコールという防腐剤が使われたりすることも多くなってきました。
フェノキシエタノールはパラベンよりも肌への影響が少ないと言われていますが、毒性はパラベンよりも強いと言う評価もあります。

ブチレングリコールは化粧水などにも使われている保湿成分で、肌への刺激が少なく安全性の評価も高いものですが、
肌の異常や刺激を感じる場合には使用を控える
ようにしましょう。

天然植物由来の防腐剤

化粧品の基礎中の基礎「防腐剤」って気にするべき?


最近注目を集めているのが、植物から抽出された抗菌作用のあるエキスから作られた防腐剤
です。

普段食用として利用される植物から作られるものもあり、化学合成成分よりも安全性に優れています。

また植物エキスは防腐剤として認識されないため、化粧品の成分表示に「防腐剤無添加」とすることができるのも大きなメリットではないでしょうか。



植物に対してのアレルギーがある方は使用の際にパッチテストなどをする必要がありますが、
敏感肌やダメージを受けた肌には、植物由来の防腐剤の方が安心して
利用できる
かもしれません。

すべての人に対してパーフェクトに適した成分というものは存在しませんが、その中から自分に合った製品を
選んでいくことがキレイな肌を目指す上でとても大切な
ポイントです。
自分の肌に合ったものを見つけて「美肌」を目指していきましょう。